ふくらはぎを引き締める

こんにちは!

【ふくらはぎを細くしたい】

【むくみから解放されたい】

そう思っていらっしゃる方にどうしてもあきらめてほしくなくて、このブログを書いています。

もし、【ふくらはぎ】のお悩みを持たれているならぜひこのブログを読み進めてください。

ひざ上の脂肪が気になっている方も多いのですが(これについては後日、書きますね)、

ひざ下にコンプレックスを持ちスカートが履けない、ロング丈を好んで履くという方も実に多いのです。

ふくらはぎ~足首にかけての曲線は女性的な魅力を発信できる貴重なパーツですよね♪

ぜひ、アピールしていただきたいと思っています。

【ふくらはぎの理想サイズ】

周囲径で 身長×0.21 です。

ふくらはぎの上から3分の1ほど(一番ふくらみのある部分)を測ります。

いかがですか?理想と実寸とのサイズに差はありましたか?

【ハイヒールでは太くはならない】

もし、ふくらはぎの太さが“筋肉”のせいだと思っているならそれは誤解です。

ひざ下にある計3つの筋肉。3つの発生個所は違いますが最終的にアキレス腱となりカカトにつきます。

姿勢を保つ時やつま先立ちをする時に使われます。

ハイヒールは常につま先立ちをしている状態ですから、これを履くことが太さの原因だと思われがちですが

そのあとのケア不足によるものだと私はお伝えしています。

筋肉トレーニングでもわざわざふくらはぎを美しくする方法があるくらいです。

しかも正しい方法では太くはならず、引き締まった美しいラインに仕上がるのです。

そして何より適度な筋肉がないと脂肪も燃焼しません。

ハイヒールを履き続けることで太くなるのならそれは体液(血液やリンパ液)の流れが原因です。

そう、むくみです。

【マッサージをおこなう】

その体液を流すのが筋肉です。

筋肉が硬くなり体液が流れないとむくみます。

むくみがなくなるだけでふた回りほど細くなる方もいらっしゃいます。

オイルやクリームを使ってやさしく筋肉をマッサージしてあげましょう。

重力に逆らって足首からひざ裏へ体液を押し上げるお手伝いをしてあげましょう。

【ストレッチをプラスしてみる】

もし時間と心の余裕がある日ならストレッチをマッサージの前に入れます。

立って壁に手をつき片脚づつアキレス腱を伸ばすようにそれぞれの筋肉を伸ばします。

ヒラメ筋は膝を曲げた状態で。

腓腹(ひふく)筋は膝を伸ばした状態で。

アキレス腱は腱なので伸びませんよ。

ゆっくり筋肉が伸びる感覚を味わってください。

【タンパク質の摂取量を増やす】

もし、むくみの改善がないようならタンパク質不足かもしれません。

積極的に摂取します。

1日の摂取目安としては「体重×1.0~1.2g」程度からスタート。

(体重50kgならタンパク質50~60gを摂取)

脚がすっきりしてきたら、今度は歩き方も意識してみましょう♪

ふくらはぎだけを使わず歩くことができたら、

ひざ下だけではなく脚はスッキリ形も美しくなるのですから♪

サイズだけではなく、ひざ下О脚で悩むあなたにも解決する方法はあります。

【ひざ下のラインを美しくしたい】

【脚全体のラインを美しくしたい】

そう思われた方はぜひウォーキングレッスンでステップアップしましょう♪

●2018年1月の営業日●1月11/12/13/18/19/20/25/26/27(全10時~15時)

空いているお時間はお問合せ下さい。

ご連絡お待ちしております♪

※リボンフットでは『RRR アールスリー』美姿勢・美脚メソッドを取り入れています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です